忍者ブログ
or his will
twitter
最新コメント
[11/15 Yahagi]
[11/14 Nishikawa]
[04/12 Yahagi]
[04/12 Yahagi]
[04/07 Nishikawa]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Yahagikyo
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1985/06/19
自己紹介:
連絡先
anorexianervosa__
(アット)hotmail.com
バーコード
47 46 45 44 43 42 41 40 39 38 37
28 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

05 2008 / 08
もう1週間以上も前の事にはなるが、海水浴に行った。
マジで。

近場じゃなく、なぜかこの時期最も混雑が予想される江ノ島海岸(辻堂東海岸)まで車で行った。
半端じゃなく込み合っており駐車場が空くのを待つ間ぼうっとビキニの女の子を眺めていた。

知り合い全員が俺をインドア系だと思っているだろうし実際間違ってはいないが、泳ぐのは好きだ。泳ぐのがと言うより、水に身体をつけてぷかぷかと浮かんでいるだけでも心が安らぐ。

砂浜は焼けた鉄板のようで、打ち寄せる波しぶきを少しづつ浴びながら身体を慣らして海に入り、足がつくギリギリのところを、海水浴場になってる地域の沿岸に沿ってゆっくり泳ぎながら、何時間もゆらゆらと波に揺られ続けていた。

浜から離れるにしたがって水底は徐々に冷たくなり、砂の粒子も大きくなる。
海面の揺れにうまく乗れなかったときには、頭から海水を浴びて口中が塩辛くなる。
水面が揺らぐ時、底のほうで冷たい潮が流れるのを同時に感じる。
海は常に、大きく小さく揺らいでいて、全身でそれを感じながらたっぷりと泳ぎ、浮かんだ後、重力の僅かな違いによろめきながら、波打ち際近くの水の暖かさ、砂のきめ細かさをあらためて踏みしめる。
ただそれだけのことがたまらなく心地良い。

今こうして書き綴ってはいるけれども、あの日あの時の自分は、それについて何も語れないような、あの海が作り出す環境の一部だった。そういう気分になれる場所があることを、長いこと忘れていた気がする。何年ぶりだ海水浴なんて。

そういうわけで今年の夏は十分満喫しました。
まだ暑いね。

もう夏はいいや。はやく終ってくれ、などと思い始めるエゴイストでした。
あとネット繋がりました。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]