忍者ブログ
or his will
twitter
最新コメント
[11/15 Yahagi]
[11/14 Nishikawa]
[04/12 Yahagi]
[04/12 Yahagi]
[04/07 Nishikawa]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Yahagikyo
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1985/06/19
自己紹介:
連絡先
anorexianervosa__
(アット)hotmail.com
バーコード
20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10
29 2017 / 04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08 2007 / 10
浅野忠信。
ざっくばらんにあらゆる役にハマっているようで、その実独特のオーラで「ああアサノだ」とすぐバレてしまう役者ではありますが、この[Focus]では最初誰だか全く気付かなかった。
まるで能でも観ているような、限界まで抑えた演技をする役者だと思うんだけど、それがこの作品の役柄と完全にマッチしていたからでしょうか。


21JWFRPMC7L._AA140_.jpg[Focus]
監督 井坂聡

出演 浅野忠信
白井

ストーリーだけ見たら完全にカルト映画だ。
いやそもそもがカルト映画なのか。
ただ、その流れを見せる手法が斬新かつ完全に一貫しているから、なんかB級映画とは呼びたくなくなるんだよ。
ある意味、一発ネタ。
だが手を変え品を変え、たった一つの角度からの視点を驚かせてくれる。

冷たく渇いたフリをしている、ぬるくジメジメした空気が。
演出された演出とリアル、演技される演技と素の顔。
それらも含めて、なんつーか全体的に、90'sなカオリ。
当たり前か。
当時に置き忘れてきたフィルムを偶然見つけて、「ああそんな時代でしたなあ」と、別に懐かしむでもなく、むしろ苦笑いを浮かべる事が出来る、たとえばそういう映画。

1カットの長さである種の迫力が作り出されています。
最近の映画って編集しまくりでなんかちょっと萎えるんだよね。

1996点。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]